よくある質問

Q&Aコーナー

よくある質問等をまとめてみました。

お見積もり、注文、お支払いなどのご質問

Q1.見積りは無料ですか?

概算の見積り・相談は無料です。
★お見積もり〜注文〜納品までの流れは【オーダーについて】をご覧下さい。

Q2.来店とネットどちらの注文がよいですか?

デザイン・サイズが決まっていて、メールを確認できる方でしたらネットでご注文いただけます。
メールやPCが苦手、素材や色、デザインなどにこだわりのある、相談しながら最終形を決めたい方などはご来店いただいたほうがよいかもしれません。

Q3.仕上がり日数はどれぐらいですか?

作業内容、注文の込み具合などもあり様々です。お急ぎの方や仕上がりの希望日のあるかたはお知らせください。できるだけ合わせるように努力いたします。

Q4.工房はいつ開いているの?

平日12時〜21時、 土日14時〜21時くらいまで 
※不定休になっています。
※納品等で不在のこともあります、来店の際はあらかじめごご連絡ください

Q5.支払いはどうすればいいの?

ネットご注文の場合、銀行振込(先払い)、代引きなどが選べます。
※5万円を越える場合は銀行振込のみになります。
ご来店にてオーダーの場合は直接店頭にてお支払いください。

Q6.キャンセルは可能ですか?

基本的にオーダー制作につき、お客様都合による返品・キャンセルはできません。
あらかじめご了承ください。

デザインについて

Q7.もちこみいただくデザインについて

■画像データを頂ける場合
・JPEG、TIFF、PSD、PDF、AIなど画像データをご用意ください。
     画像データは比較的大きめの画像をご用意ください。
※プリントの場合は画像サイズがちいさいとプリントした時にギザギザで鮮明でないものに  なることがあります。
※刺繍の場合はいったん画像をイラストレータでトレースしてから刺繍データにします。
そのため、あからじめイラストレータ形式のベクターデータ支給の場合作業的に早い上、刺繍データ制作のコストはすこし安くなります。
その際、文字については必ずアウトライン化をしてください。
(イラストレーター形式でもベジェ曲線のデータではなく、「画像を配置したもの」の場合はトレース費用かかります、ご注意ください。)


・エクセルやワードのデータは、 こちらにない書体が別の書体に置き換わったり、貼付けている画 像が表示しないなどトラブルが多いため、基本的には不可にさせていただいています
 それぞれのソフトでPDFやJPEGなどの形式に書き出してお渡しください。

■印刷物の場合
マークなどの場合できるだけ大きなものでお願いします。

■手書き原稿の場合
罫線などはいっていない無地の紙にお書きください。
※ラフ図でもかまいません

Q8.デザインからオーダーしたい!

こんな感じの物といったサンプルや画像、テーマカラーなどありましたらお知らせください。
★デザイン料金がかかります、ご了承ください。

刺繍について

Q9.書体の指定について

イニシャルなどの刺繍オーダー頂く場合は 特別な書体の指定はできかねます。
“当工房にある書体のみ” で刺繍させていただきます、

世の中には数えきれないほどの書体があり、日々追加されつづけています。
中には商用で許諾が必要なのものや、使用料金のかかる書体などもあります。
そのため、すべての書体について網羅することは不可能になります、ご了承ください。

Q10-A.持ち込みの衣類へ刺繍したい

持ち込みの直接刺しゅうは素材や刺繍の希望の位置によってお断りする場合があります。
衣類の製造技術があがってきた反面、トラブルや仕上がりの差が出やすいのと、
刺繍するにあたって、まず刺繍枠がはまらない限り刺繍ができないためです。
ご希望の場合はまずご相談ください。

アパレルメーカー様のウェアについては刺繍に耐えられない繊細なものもあります
Tシャツやポロシャツ、パーカーなどは
【United Athele】や【プリントスター】のウェアを当工房で仕入れたものに刺しゅうすることが可能です。

Q10-B.持ち込みの衣類について 刺繍をはずす

前の刺繍をはずしてその上に刺繍してくださいといったお客様がおられます、
当工房では刺繍のお外しについては承っておりません。
お外しの際にお預かりした大切なウェアに穴をあけてしまったり痛めてしまう可能性があるためです。ご了承ください。

Q11.柔道や空手の道着や帯へ刺繍したい

裏面に下糸が見えてよければ、柔道の道着 帯など刺繍が可能なものは承ります、
非常に厚手のものや、硬い生地の物(空手の型専用の道着など)については、 残念ながら針が通らないので直接刺繍は不可能になります。
ただ、その場合でもワッペンなど他の方法よければ対応させていただきます。

Q12.革製品などへ刺繍したい

針が通らない、または細かい刺繍ができないことがあるため
革製品への刺繍は受け付けておりません。

ダイレクトプリントについて

Q13.プリントできる服について

撥水の表面加工されていない素材で、下記のようなものだと可能です。
綿100%〜綿60%(ポリエステル40%)までの生地だと白い服から色付きの服(赤や黒色など)でもプリントできます。
ポリエステル100%生地の場合は白い服のみプリント可能です。
※ウェアについては当工房で仕入れたものにプリントさせていただきます。

Q14.鹿の子のポロシャツなどでもプリントできますか?

表面がなめらかではないので、Tシャツなど生地がなめらかなものに比べるとプリントは少々荒れてしまいますが、それでもよければプリント可能です。
ただし、Q13.の質問の通り生地に制約はあります。
※ウェアについては当工房で仕入れたものにプリントさせていただきます。

Q15.シルクスクリーンとはどうちがうの?

シルクスクリーンはそれぞれの色ごとに製版し、その版をつかってインクを刷る印刷になります、そのため、くっきり、はっきりプリントされます、単色や限られた色数で、印刷枚数が多いときにおすすめです。
ダイレクトプリントはインクジェットプリンターになるので、CMYKのインクを同時に衣類に吹き付けるためグラデーションや写真のような複雑なデザインもプリント可能であることと、版をつくらないため非常にすくない枚数からでもオーダーいただけます。
何種類かのデザイン違いのプリントをする、サイズを変えてプリントするなどの変更もある程度受けられます。

当工房ではシルクスクリーンは承っていませんが、ダイレクトプリント以外に単色のカラーシートをつかったアイロンプリントシートによるプリントはうけたまわっています。(スポーツのネームや背番号などでよく見られるプリントです)もし興味のあるかたは【ウェアプリント】のページをご覧下さい。